簡単にイラストの上達しましょう [イラスト上達法]

創作の目的は人それぞれで、『他人から賞賛を受けたいが為に創作活動してる』という人も大勢居ますし、それはそれで本人の自由だと思います。上手い下手だけに価値観を置くのもありです。が、途中でやる気を失ってしまうとなると、一旦立ち止まって考えてみた方がいいような気がします。 楽しく描いているのなら、途中で終わってしまう、という事はまずありません。 それに、完成品が無いと描いた絵を見て反省する事もできないので、同じ欠点を抱えた絵をひたすら描き続ける事になると思うのですが。 まずは、上手い下手にこだわるよりも、完成させられるようになった方がいいかな~、と思います。 絵が下手だとそこで人生が終わってしまう、て事なら何が何でも上達しなきゃなりませんが、別に下手だからって何も困る事は起こりません。もっと気楽に描いてもいいんじゃないでしょうか。

>>わたしのイラスト上達法

イラストの上達法 [イラスト上達法]

もう試されているかもしれませんがこちらの「30秒ドローイング」でクロッキーをしてみるのはいかがでしょうか?
毎日10ポーズ、など決めてやってみるのはどうでしょう。

骨格などを理解してバランスよく描くには…
とのことですが、鸚鵡返しになってしまいますがこれはもう本などを読んで骨格を理解していくしかないです。

こちらがわかりやすく骨格などを説明してくれています↓
>>わたしのイラスト上達法はこちら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

イラストレーターを目指して勉強中 [イラスト上達法]

目標を「自分の絵を描くこと」にしないと上手くなるためだけに絵を描くだけになってしまいます。 そうなると陥りがちで怖いのは「見ながらなら上手くかけるよ」という状態になってしまうことです。 まずは素直に描きたいものを描きましょう(模写でもいいです) そのうち色々なポーズや表情など好きなキャラを自分の思い通りに描いてみたいと思うようになるはずです。そこが模写から脱却して物づくりへ踏み出す第一歩です。自分がこうしたいああしたいと思ったものをイメージして具現化することが大事です。 模写やデッサンは学ぶものではありますがそれに固執して捉われるものではありません。イメージして作りたいと思う物があるのに「もっとデッサンや人形勉強してからじゃないと」という風に縛られるのが一番の上達の妨げになります。別にデッサンは描きたい物がない時に描いてデッサン力を高めればいいだけです。

>>私のイラスト上達法
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

イラスト上達法の口コミ情報~ [イラスト上達法]

『本やサイトをたくさん見て、自力で覚えたので
個人的には通信講座でなくてもどうにかなるとは思っています。』
とコメントされてる人もいます。

専門学校とかに入学したとしても、いらない画材を大量購入させられます…学校と画材屋が手を組んでるから…。

自分でこれをやりたいという画材を選んで、その画材の教本をアマゾン検索して、購読者のレビューを参考に選んで購入して、こつこつやるのが、リーズナブルで賢い方法だと私は思うんですよね…。100万払って専門学校に行っても、絵、ボロボロという人も多いです…。しかし、独学でも上手くなる人はいます。

人物画に関しては、このサイトや本を勧めます。

・人を描くのって楽しいね!衣服編 (廣済堂マンガ工房) 中村成一著
・人を描くのって楽しいね!―マンガのための人物デッサン― (廣済堂マンガ工房) 中村成一著

あとは、自分が好きな絵師の絵を参考にして、ひたすら描くしかないと思います(人物だけじゃなくて、動物、物、植物、木、建物とかの背景とかも)。
絵カテのカテマスさんの一人も、「とにかく、1000枚くらい描け」っておっしゃってますし…。ちょっと描いたくらいじゃだめだと思います"o(-_-;*)がんばってください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます